こちらのページは、update → updateTop → 2008 です。
総合更新履歴リンク (since 2001.1.03)
年号
2010 - Θ
2009 - Θ
2008 - Θ
6.24~12.29
Θ6.24コンテンツUP
2008 - Θ画面休止
1.28~3.07
Log1
 1ページ目
現在表示
3.08~4.12
ΘLog2 2ページ目
4.13~6.07
ΘLog3 3ページ目
6.11~6.24
ΘLog4 4ページ目
2007 - 正式Θ始動
12.26
正式Θ始動
2007 - 仮Θ
1.09~3.02
休養宣言期間
3.03~12.25
休養宣言解除後
2006 - 仮Θ
4.15
休養宣言期間
4.16~4.30
休養宣言期間
履歴無し
5.01~12.29
休養宣言期間
2001~2006 - First.
2001.1.03~2002.4.19
First.履歴無し期間
2002.4.20~2006.2.25
First.期間
First. → 仮Θ → Θ画面休止中 → Θ

以下は、ΘコンテンツUP迄のΘ画像休止期間中全更新履歴です。

Log2
3/08~4/12/2008
Log1
1/28~3/07/2008
現在表示
Log3
4/13~6/07/2008
Log4
6/12~6/24/2008



暫休中履歴.29
「はい更新入れますね。次2ページ目に入ります。今回は石膏デッサンね。
これは面の表現を身につけてほぼそれだけを使って表現した石膏像ですね。これ迄説明している様に絵を見る物を描こうとした時の多くの場合は、その輪郭を描いて黒色をつけるつまり陰影を付けるだけの表現が見える物を描いて、つまりそれが描くという事になってしまいますと説明しましたね。そして補足すると、絵を描いてみようと思って描いた絵が、つまりその物を描こうとした時に描いた絵がそれに似ないという事が多々あると思います。それはこれに説明している本路線から枚数を重ねれば次第に輪郭もリアルな線が引ける様になりますが、それはモチーフに似せようとする為にそう思うだけなんですね。つまりモチーフを描ける様になりたい人はこの面表現から入らないと似る筈はないんですね。つまりは平面に観念から描いているだけという事になります。説明している通りにそれはデッサンの一筆目、つまり描き出しから違うんですね。それは後々説明しますね。本路線の物の描き方の1つのこの面表現は、立体と輪郭と際と平面での空間、それらがすべて平面の中に表現出来る絵画表現路線という事なんですね。それでこの表現が日本のこのジャンルの作家が身につけるデッサン力として主流となっているんです。そして万人も表現したいという本来の枠組みが必要な時代には、過去からもこの内容を分け隔てなく教える事が必要なのであっての1つの面表現ですね。但しこれ迄書いている様にこれは説明されただけでは全員が描ける様になりません。アカデミックな方向で描ける様になるという事の1つの路線はこの面が表現出来る様になる事、そしてそれはそのようにするという事を教えられただけでは身につかない事、それはこれ迄書いてきた内容の通りで後々説明しますね。あと形を正確に再現したい人やもっとリアリティを出したい人はこのデッサン以上にそれを表現する事も人それぞれ可能ですよね。つまりは以前書いた様に身につけた後でそれをそうしたい人が表現として極めていけば良いんですね。当然この他の方向もこれ程描かない方向も教えますね。
あとこの絵に関していうと・・・写真の写りが悪く一部黒が濃くなっていますね。これ程観念を入れない表現も一つのレベルですが・・・石膏デッサンだから良いかな・・・それに面と際の表現に徹しているのは。ネガポジの表現をもう少し均一にしても良いんじゃないかと思うけど・・・短時間で描き上げたんですね。
私が描いたデッサンですね・・・。ずる休みをして夜に家で描いたデッサンです。完成迄6時間位だったかな・・・。このデッサンはそれのみでその先の様々な技法や小手先の表現はしていないので参考になるかと思います。写真的表現もしていないし面を細分化していない解り易いデッサンですね。
追加ね。絵画指導って実は一番難しいという領域なのね。描いてもらうだけなら現状では関係ないからという指導は、実際描けていない人が表現活動をしても現状から意味がなく続くし、端から無意味な現状に拍車を掛けるし歴史等の現状から程よい中和が必要になると思うので・・・その内容からも1つは・・・身につけたい人は本当の所を多少なりとも身につけて欲しいというのがあるんですね。勿論幅広くですが、そして後の表現は未知の領域も含めて無限にあると思うんですよね。あと教える側が様々知っていてしかも本当に教えたい人間ならば平均的にこの表現とこの位は身につくものです。勿論この位というのはこの絵の見え方という事ではないんですよ。身につくという事であって面の表現1つでもその身についたもの自体に幅のある表現なんですね。あとこの位のデッサンを見ても驚かないでね、描ける様になりますよ。
また何か書きますね。
3/07書 橋本恭明

はい遅くなりました何書こうかな・・・眠くなっちゃったなそうそう小3位の時のスケッチを見つけたのでUP版に載せています。鉛筆で当時の自転車を輪郭線だけで描いているんですね。ぬりえも当時の物を結構見つけたんだけどサクラクレパスだったかな・・・あれで良く描いていたんですね。あとカラーインクのペンかな・・・ビニールに入っている物ですね。油分が含まれる物は紙に描き易いのでクレヨン系はおすすめです。当時描いたものを現在ある自分の感覚で見ると・・・何というか・・・何か不思議です。そろそろ寝ようかなまた更新しますね。



暫休中履歴.28
「更新入れますね。少し遅いから絵は明日掲載しますね。何書こうかな・・・
3/06書 橋本恭明

もうこんな時間・・・明日デッサン載せようかな・・・
そうそう少し前にTop隠しに写真載せています・・・セルフポートレートですね
また更新しますね。



暫休中履歴.27
「更新入れますね。今日は何か書こうかな・・・絵が続いて固いから・・・
今ビール飲んで寛いでます・・・以外に小腹空くのね今日は疲れちゃってるから買いに行くのもな・・・
はい更新遅くなりました。途中にモニター沢山観てたから何も書いてないね・・・今日は資料整理で沢山出力したんだけど・・・ソフト聞いてみようかな
3月に入って少しずつ暖かくなってきているね。もう少し暖かくなってくると私の好きな季節なんですね
そろそろ寝ようかな
また更新しますね。
3/05書 橋本恭明




暫休中履歴.26
「更新入れますね。先に載せときますね
今日はセザンヌを説明しようかな・・・。これはパステル画ですね。油絵にも見えると思います。本路線での指導なのでイメージしている様なパステルの使い方と違って見えるかも知れないですね。あと描き上げた後の定着スプレーも独特のものを使っているので、それによって粉が落ちるのも防ぐしビニールコーティングっぽくしてあるので油彩画の見え方ですね。この絵は・・・セザンヌの林檎シリーズに酷似しているかな。セザンヌの林檎シリーズは本当に良いものなんですね、でもねよくある名画・・・例えばサントヴィクトワールや集合静物その他をよく見掛けるけどね、実はこの林檎シリーズはセザンヌの行った事が解り易く表現されていて非常に良いんですね。ここで一つ何故画集には同じ様な写真が多いのか書いとこうかな。実はね絵を写真に撮るのは難しいんですね、パースという事もあるけどそれに増して油彩の場合は油なので表面が光るんですね。その為に光を斜め45度からデイライトなりタングステンなりを当ててフラッシュ無しで撮る場合が多いんだけど・・・名画は世界に散らばっているのでまとめて撮るのが困難なのですね。つまりこれ迄撮影されたフィルムをその他の画集でも使い回すんです。それで出版が異なるのに同じ絵ばかり掲載されているんですね。セザンヌの林檎に戻すと、林檎シリーズはセザンヌが確立した面表現がセザンヌ独特の七宝的絵の具の盛りで表されているんですね、つまりはそのシリーズは面のみが表現されているとも言えて・・・セザンヌの名言にもある通りですね。セザンヌのあの時代はタブロー画・・・つまり古典の絵っぽい絵のみがある時代で、オンタイムからその後印象派になり・・・その時彼が発見した面の表現が現在の日本でも絵画指導の主流なんですね。それで絵画の父と言われている面もあります。後々説明しますね。それでこの絵を観て下さい。立体を起こそうと面を表現しているんですね。この絵の面の表現はセザンヌのそれと、それよりも古いハッチング等から生み出されたモデリング的起こし方を多用しています。それを解り易く言うと・・・表面を辿って行けそうですと表現した方が良いかな・・・映像的絵画でなく触感的面の絵画、つまり絵画歴史路線の王道ですね。王道というのは・・・ジャスパージョーンズの国旗がそれを引き継いだ事で、より面際絵画が引き継がれている事になったんだけど・・・今セザンヌね・・・あと一つセザンヌを補足すると・・・彼は見えるものを見える様に表現しようとした際に、すべてが際(きわ)だけで表現可能な事も発見しました、私はそこもあって大好きなんですね。後々説明しますね。あともう一つ補足すると・・・一般的にこれを身につけた後に自分の表現等して個展をされてる方でも日々行って終わりという現状に気付き始めていらっしゃる方もおられると思います。すべては基盤がないんですね。つまり文化が根付くには大衆からなんです。まだ無いんです。これも後々説明します。イラストは今度載せようかな・・・また何か書きますね。
文化と基盤について補足しとこうかな・・・つまり絵ってね誰でも表現出来るんですね。もの凄く危険な事とか例え特殊な世界であってもある程度社会からそれになる事も出来ますよね。絵画も画材を使えば誰でも何か表現出来るんですけど・・・しかしこの世界が成り立っていなかったんですね。日本にはメディアが存在しないのでこの辺の事は今後も書いて説明しますが・・・誰一人そこに触れなかったんですね。一つには・・・作家になると自分の作品と本人を確立するのみで盲目になる事もあると思うんですが・・・誰も彼もそこのみを目指す事に躍起になるんです。多くの作家は世界があると思って・・・頑張っていたんですね・・・というよりそうしていてもそう成らないのにそれをただただ今も続けているんです。これは成りたい大衆の方だけではなくてね・・・作家達はただただ個展を繰り返して生涯を注いで来たんですね、勿論当然の様に論外の方達はそれを真似して個展を続けているだけでそう成れると思っていると思います。これはそれを引っ括めてすべての現状の為でもあると思うんですよね。絵画芸術等は人間の歴史なので万人から生まれでるものだと思うんですが・・・つまりはそれが現状ではそうではないという内容ですね・・・表現したい人以外の方達には意味の無い様な内容かも知れないですが・・・また書きますね。
3/04書 橋本恭明
小腹空いたな・・・後で何か書きますね
何書こうかな・・・そうそう昨日ね久し振りに代々木へ行って来ました。かなり変わっていたんですね・・・駅はあんな感じだったかな改装したのかな?・・・あとお店が増えた様な・・・。Yさん説明した通りです宜しくお願い致しますね、何れまた。もう一つ何か書いて寝ようかな・・・そうそう代々木書いたから原宿ね。表参道ヒルズの坂を少し上がって歩道橋前かな?左に曲がって飲食店がある突き当たりをまた左に行った所に昔池袋にあった洋書屋さんが移転してあるんだけど・・・あのお店は海外の画集はかなり揃っていて気に入った巨匠の画集が必ず手に入るかな。洋書店は色んな所にあると思うけど絵画の話書いているから例えばセザンヌとか見てみるのも良いかもね・・・海外美術館URLを貼ってみようかな・・・今日は絵一色になっちゃったな・・・また更新しますね。



暫休中履歴.25
「更新入れますね。今日は絵を掲載しますね。
これは色鉛筆ですね。色鉛筆という素材の影響もあり何となくイラストの様に見えるかもしれません。でもよく観ると空間や面の表現にこれ迄の内容が表現されているんですねつまりは絵画なんです。背景もトーンを変えて空間を表現し葉っぱには面の表現があります。あと物の観方が近代以降の絵画指導の内容に沿っていますが、すべてを絵画路線として描いていないので絵画とイラストの両方に感じるかもしれません。葉っぱの場所位の面はイラスト等でも表現すると思います。これは絵画路線でそれを身につけ表現したいイメージなりに面や際等を使っているんですね。ただここで重要なのはイラストや漫画から描くという事に入るとこれ迄話したアカデミックな絵画表現を教えてもらえないという日本の現状もあるんですね。何れ詳しく説明しますね。純粋芸術のジャンルでは身につけた後にイラストなりの表現をしても絵画芸術路線の作家として表現となります。この辺の事も後々説明しますね。これ迄説明している様にイラストその他表現も表現の一つとしてあるべきだと考えているのですが先に書いた様に現状日本の芸術路線の独自の事があるので私はアカデミックな内容を説明している訳なんですね。つぼみの表現とか観ると解り易いですね。あとこの絵は大切な内容を身につけて頂いた後にハッチングという鉛筆の先を尖らせて立てた技法ですべてを描いています、つまり線の蓄積ですね。イラスト等についての説明も後々しますね。少ししてからまた何か書きます。3月3日だね。
3/03書 橋本恭明
ビール1本飲んじゃってます何か書いて寝ますね。暖かい日が増えてきたしビールで温まって気持ちいいな・・・ここのところね久し振りにスポーツを続けて観ちゃったな。何書こうかな・・・絵の事書こうかなそうそうこの絵画説明は読むだけで観方が広がる様に心がけるから描く前の準備として読んでね、Web版の方では文章と写真での説明だからね。あと以前にも書いたけど上手そうな掲載作品を見ても驚かないでね・・・それは曲の弾き方がない国で曲を聴いているだけなのかな。石膏は早い段階で描いたものだしこの絵も描ける様になった後に描いたもので・・・説明は後かな。遅くなっちゃったなそろそろ寝ますねまた更新します。



暫休中履歴.24
「更新入れますね。今日の静物デッサンを載せようかな・・・画材の使い方系にしようかな・・・
これは写真とかで説明されているけどそれだと意味がわからないので自己流になるのが殆どだから・・・解説しようかな。よく筆は出来るだけ後ろの方つまり書くのと反対側の方を持って書く様にと言われますよね。それは書く位置、つまり下の方の場所を持って書くと癖っぽい字になるからなんです。芸術表現ではそれも一つですが、字を練習する時はそう習いますよね。つまり解り易く説明すると、書き易い持ち方は癖が出るという事なんですね。鉛筆でも一般的に言われている可愛らしい文字を書こうとする時は下の方を持って書いているんですね。これは他の絵の道具でも大凡そうです。ここで以前話したデッサン路線の内容で、日本の絵画指導はモチーフなり何なりを描こうとした時に観念や癖っぽさを取る事を説明しましたよね、実はこれは芸術方向へ進む方が身につける時にその先生から説明される言葉なんですね。この道以外の人は路線を身につけなくても良い状況下に置かれているのであまり説明された事はないと思います。勿論観念や癖っぽい等の言葉はこれの指導と説明を受けるだけでは当然客観的なデッサンは出来る様にならないので、端から趣味の方等へは出来る様には指導しない方が無難という現状です。皆が描ける様になっては困るというのも含まれていると思いますが・・・無い世界なので自己確立に空を掴む為、他ジャンルよりそれが顕著です。話を画材に戻すと、アカデミックな路線でのそれを身につける時は鉛筆等の先は持たない様にして下さい。これはモチーフを描いて頂く際に、これからその路線を初めて身につけるという時に、先の方を持って描こうとすると教えている内容より上記のそれが出て掲載デッサンの様な表現が出来ないでしょう。つまりは近代以降過去の巨匠が発見し完成させてきたこの表現が身につき難いという事です。あと補足するとこの持ち方つまり字を書く時の持ち方ではそれでも観念が強く出ます。ハッチングという技法なり際を決める時は当然その持ち方をしますが・・・これは実際に写真を掲載して説明しますね。ただしこれらは持ち方のみなので当然持つだけでは描ける様にはなりません。もう一つ補足すると・・・観た事があるかも知れませんが、漫画等やキャラクター的イラスト表現は観念が必要なので画材の下の方を持って描いていますよね。つまりはアカデミック路線の物の観方だけが描けるという事ではないという事を表しています。つまりはこの絵画路線だけを指導する芸術路線の現状に幅を持たせているんですね。一気に書くと疲れるねまた後で何か書きます。
3/02書 橋本恭明

はい何か書いて寝ますね。・・・剣の事でも書こうかな。First.にも写真で剣を持ったのを載せていますよね、もちろん剣は好きなんですが・・・私が小さい時にね祖父から見せてもらった事があるんですね・・・それはボロボロに錆びた刀です。一度だけでしかもすごく小さい時だったのですが、それはハッキリと憶えているんですね。その後はそれを見た事ないので祖父が処分したのか何所かに寄贈したのかそれはわからないですけど・・・その理由もあって剣を持っているんですね。眠くなってきちゃったなもう一つ何か書いとこうかな・・・読んでくれた方へありがとうまた更新しますね。



暫休中履歴.23
「更新入れますね。今日から3月だね。
描ける様になる面の表現の事ですね。以前にも書いたと思いますがそのまま描いても絶対に描ける様になりません。よく指導でそのまま描きながら説明すると思うんですが描き出しから面が表現出来る路線にします。それは教えられただけでは全員が全員出来ないので世の中に描けない人がいる訳なんですね。つまり描き出しからそれを補ってあげるのが一つの大切な事なんですね。ですが面を教えてもそれでは人間というのは出来ないものなんですね。つまりそこにも一つ大切な事があるんです。あと癖のある表現も私の言っている様にそれは一つの表現ですよね。但し、日本の現状と様々な理由からアカデミックなこの内容を加味しているんですね。以前にも書いた様に純粋芸術の歴史の領域についてですね。そしてその他の日本の得意とする表現の領域の事ですね、それらはそれと別離されています。本来組み込まれるべき要素も中にあると思うんですが、何れ書きますが芸術路線の独自の事があるので先ず絵画指導を持ってきているんですね。後々説明しますね。あとこれ迄掲載した石膏は一枚以外は初めて石膏を描いた方ですが、当然その前に数枚説明がてら描いて頂いての石膏ですね。ちょっとしたらまた何か書きますね。絵の話が続いているね。
3/01書 橋本恭明

遅くなっちゃったな何書こうかな・・・略コラムでファミコンの事書いたんだけどね、魔界村っていうのがあってねあれは難しかったな・・・。確か龍辺り迄行ったんだったかな・・・あれクリアした人は尊敬するね。こういうのって友達間でそれぞれが上手なソフトとかあってね、男の子と女の子と持っているゲームが違うんだけど・・・私はシューティングが得意だったな。その後かなRPGが次々発売される頃になるとドラゴンクエスト、あとFFね今初期のがリニューアルされているよね。RPG解くのが以上に早くてね、当時の物で発売から3~4日位じゃなかったかな・・・。あとアクション系なら・・・初期のメトロイドは面白かったな。今でも本体がそのままの状態ですね。最近のゲームもちょくちょく遊ぶけどまた今度書こうかな。そうそうガンダム無双良かったです。そろそろ眠くなってきたなまた更新しますね。



暫休中履歴.22
「更新入れますね。今日はデッサンの
頭像ラボルトの説明を書きますね。
輪郭以外の内側の形ですね。説明した様に内の面を表現している感じが表されています。描いた事のある人は経験があると思いますが、描くという事は必ず輪郭から入ります。ここで日本の現状ではただただそれを行っていても端から線が引かれているという一つの例と大切な事を書きますね。実際の物に見える様なすごいと思う絵を観た事があると思います。それは前回も書いたのですが更に補足すると、現在のそう表現する世界では写真の様な表現と触感的要素のある立体の表現と2つあります。前回書いた様にそれも描き手が生きているその時代の人間であるという観念が入るんですね。つまり以前書いたと思いますが描くという事は人間そのものなんですね。ではどういう事なのかを後者から1つ例にあげるとこのデッサンの様な内側の形を表現出来る事という事になります。勿論これは現状日本の例を加味しての事です。
その路線を習った事がない方や表現だけは続けているが誰にもそれを気付かせてもらえなく端から論外で組み込まれない方々は、実はこれを身につける領域と時間を経験していないだけなんですね。つまりこの路線の作家はこのアカデミックな路線を身につけ自分の表現を行っているんです。
それは観ればすぐにわかるという領域だと思って下さい。絵を知っているという言葉があると思いますが、それはこれを表現した後に描く事の路線や抽象やその他等平面なりを追求して行った内容で、それが一枚の絵に表現されていてそうなる言葉なんですね。多かれ少なかれこれが描ける様になったら平面に描く事が理解出来てきます。そして大事なその続きの内容でいくと、現在の日本ではこれが身につきこの先のそれになったとしても枠外で、そして枠内であろうとも、実際は枠内すら無いという事も作家自身が知っている筈だと思います。経歴を持ち身につけた方達が自分のみの看板を確立する為にひたすら活動をするにしてもそれは多くの論外の方達がいる世界で空をつかもうとするだけの現状。前者が破壊されたと考えるのは間違いで、端から何も成り立っていなかったこの世界、その他と線引きのあった現状。それは後々説明しますが・・・長くなったのでまた後々説明しますね。顔料とは絵の具等の原料の粉だと思って下さい。それは世界各地様々な地域から採取されたものを粉末にした物ですね、簡単にいうと水で溶いたら水彩、油で練ったら油彩、固めた物がパステルという感じです。一つ書いたので暫くしてまた何か書きますね。そうですね難しく書いているけどつまり私の絵画指導の領域はこれ迄その他とされていた絵を描いてらっしゃる方々へとその意です。私は教えたいというのもあるかも知れないですね。ちょっとしてからまた何か書こうかな・・・。
2/29書 橋本恭明
絵の文は硬いな・・・描くというところからそれが出来る様になる為へと解説もする感じですねUP後のWeb版での絵画指導ですね。
飲んだので少し温かくなってきちゃったもう一枚載せようかな
遅くなっちゃったな。これは小画像掲載版だけどわかり易いかな。そのまま描こうとするのを絵画表現での面という感じですねまた説明しますね
今日振替で生徒が休みだったから一つ書き上げといて良かったそうそう木炭の石膏以外の石膏はすべて初めて描いた方ですよ
明日から3月なんだね毎年冬は冬眠しているみたいだな。そうそう生徒からユウカリのアロマ教えて頂いたんですけど本当に良いですね。風邪を引く時期は過ぎちゃったんですけど使いますね有り難うございます。眠くなってきちゃったな・・・また更新します。今日沢山書いちゃったなはいもう寝ますね・・・また更新します。



暫休中履歴.21
「更新入れますね。
暫くしたら何か書きますね
画材の説明の為に画材店へ行きました。高橋さん写真有り難うございました。
日本ほど画材にあふれている国はないですね。最初に簡単な説明を入れて後々詳しく解説しますね。
2/28書 橋本恭明
布団の下に電気カーペット敷いてるんだけどね起きたらお腹痛くてお昼頃には治ったんだけど健康は大切だね。
何か書こうかな・・・そうですねイーゼル等なくても大丈夫ですよ。但しそれで描く事や画材の持ち方ですねそれは今度説明しますね。
画材ね、絵画に興味を持って頂く事で消費に繋がり後々更に活性化すると良いですね。画材屋さんってね様々な地域で採れた顔料等で作られた絵の具がある意味奇跡的にここに並んでいるんですねそれを使って何かが表現出来る様になったら良いね。そろそろ眠くなってきたなまた更新しますね。



暫休中履歴.20
「更新入れますね。絵を載せようかな・・・
暫くしたら何か書きますね
先に載せますね。補足ね。観念とか癖っぽい絵とかいう言葉ね、人類が誕生して未だ一度もモチーフそれそのものに見える絵を描いた事がないという意味もあります。実物の様にとか写真の様に見えると表現されるけど、どの時代の名画でさえもです。
今の時代でもモチーフなり例えば実際にあると思うけど風景とかでものすごくリアルに表現したとしてもそれは癖があるんですね。
写真そっくりに表現する事も出来ますよね。それは観念を出来る限り取っ払って行く作業でそう表現出来るんです。
でもそれはそれも一つの表現ですという事なんですね。つまりここでいう描くという事をそれぞれが身につければすべてはその先にそういう表現があるのも当然であって、その他無数の表現になり、それを表現出来る人は絵画路線の作家という事になるんですね。但しその他の事柄もあるので何れ説明入れますね。
2/27書 橋本恭明
何書こうかな・・・高齢の方とかですね。絵を描いている方もただ見ている方も様々いらっしゃると思います。実際このメディアは日本には無いんですね。書籍系なり何なりありますよね、それは内輪のそれでしかもジャンル自体何にもなっていません。先ず一つには評論家が存在しなかった事が理由と考えられますが、頑張って描いてられる方々大勢いらっしゃいますよね、言葉で表現するのは難しいけど取り敢えず物の観方も含めて本当の路線にしながら間口を広げる事も重要なんですね。それがないとそれはいつまでも繰り返して、何にもならない大多数の高齢の方ならお判りかと思いますが。今日も何十万も使って多くが日本中で個展をしていますよね終わって次の個展ですか?。他をしながら続けている方この方向に入ろうとする方、一度読んで下さいね。またその内説明しますね・・・絵の事が続いてるね。
私は冷え性だと思うんだよねもう少し気温が暖かくなってくれると嬉しいな。補足したのでデッサンはまたその内に。
文長過ぎますか?・・・私はここにしか書いていないし履歴はこの位書くのは温まってきた証拠なのかな・・・。
その内教える教室を増やしますね。まだまだ夜寒いね・・・シータ何時頃UPしよう・・・
絵画指導欲しいのは何所かな・・・もう少ししたら寝ますねまた更新します。



暫休中履歴.19
「更新入れますね。
暫くしたら何か書きますね
モナリザね、日本ではこの読みね。あの時代の最高峰だし誰でも知っているモナリザ。観るとどう感じるかな・・・すごい絵とか本物とかかな?。
私は昔作品を提出しなかったばかりに原稿用紙15枚を描くはめになり、これなら書けるなと大好きなモナリザでそれを書いた事があるんだけど・・・ちょっと違う切り口から話そうかな。実はね、すごく癖っぽい絵なんですね。それはね人間の物の観方や感じ方は時代によって進化して行く訳でね、
あの時代やもっと後の時代の作品・・・例えば・・・ドラクロアはちょっと意味が違うな色が入って来るからね・・・その前のリューベンスのは知っているかな・・・そうだな・・・その他全般的な宗教画と言った方が解り易いかな・・・よく観ている人が写真や本物みたいとかすごいとか言っているよね、
それもね実はあの時代の、時代の中での人間の進化から表現出来る様になった感性で本物に近づけて描いている訳で、それは人間の観念なんですね。
つまりね話をモナリザに戻すと・・・人体の骨や筋肉部位等は研究した事が表現されていて素晴らしいですよね。ここで話した事を加味すると、ビンチの生きたあの時代の人間の知識や進歩からくる観方が筆先へと伝わり画面上で表現されているので、それは現代の人から観るとそう見えるんですね。
少し意味が違うけど解り易く例えると、浮世絵や安土桃山辺りの襖系板絵などの絵は・・・表現が難しいけど"くりんくりん"している様に見えないかな?。
足の指の表現とか見ると解り易いかな。でもあの時代の人にはあれがそうなんですね。補足すると・・・日本は漫画や平面に長けた国だという事が一目瞭然ですね。あともう一つ補足すると、物の観方や描き方を指導しますが、同様にここで書いた様な様々な時代の先駆者の方々の物の観方も見る事が出来る世の中なんですね。現代の人間の平面に対する物の再現を身につける最短は、ここに見せた様な内容の路線で、先に話した昔の先駆者達の本物の様な表現はそれはその時代の人間の観念なのだという事を知っていて下さい。そしてこれを身につければある意味古典としてそれも再現表現する事が可能です。
ちょっとしたら・・・また何か書きますね・・・画像背景処理にしたから少しはページ開き易くなったかな・・・?
2/26書 橋本恭明
他の生徒が描いたラボルトは次の時に載せますね。何書こうかな・・・
そうそう私は丁髷をつけた事があるんですね。あれは元禄なんとかというのだったかな・・・たいまつ持ってね。
時代系好きだから丁髷姿が出来て嬉しかったんだけどね写真があれば載せるんだけどな・・・コスプレだね。
何書こうかな・・・もう少ししたら寝ますねまた更新します。



暫休中履歴.18
「・・・更新入れますね何書こうかな・・・飲んじゃったふふ
以前載せた剣写真の後一枚の方を載せちゃおうかな・・・
これね何かトイレに行きたそうでしよ・・・以前写してもらった時にね怖そうなのをという事でその他の画像はリンクにあるかな

今日ひさびさにいろいろなとこモニターつけちゃった・・・青立体に何か設置されてから全部ずっとなんだからもう・・・気にせず時々つけようかな・・・お腹空いちゃったな
2/25書 橋本恭明
眠くなっちゃったなまたそのうち更新しますね



暫休中履歴.17
「更新入れますね。今日は家にいる人多いのかな?
後で絵を載せるので何時でも見て下さいね。お腹空いた・・・お昼。

今DVD観ながらPCしてます。デッサンを載せようかな。
初めて絵を習って先ずラボルトという石膏像を描く事が多いかな。頭像のラボルト載せようかな。
絵を習った事がある方は描いた事があるんじゃないかな?。表面というと違うけど中の形つまり輪郭以外の造形を描こうとしているんですね。
絵を描こうとする時に必ず輪郭から描きます。勿論アジアはそれが文化であり日本は古くから平面を平面とする世界感がありそれに優れています。それで漫画等に長けている事になるんですね。この絵は現在の日本で描ける様になる人が学んだ西洋の物の観方のみが表現されています。中の形を観て下さい。何かを描いた場合に形は違ってもこの様に面を表現する事が物が描ける様になる一つの重要な内容です。
日本にはメディアが無いですし大切な事柄が一般的に広まっていないしただ教える内容では誰もが描ける様になる事は出来ません。誰一人一度もそれに関して何もして来なかったんですね。というより集団でないがしろにして来たのかも知れないです。後々書きますね。これ迄掲載してきた様なデッサンを確実に身につけたい方へは先ずこの中の形を描ける様に教えています。もはや描きたい人は誰でも描ける様になりますが、それは第一歩だと思います。勿論モチーフを描ける力を身につけるというこのデッサンの内容だけがデッサンではないです。後々書きますね。
今日はたまたまお昼に更新しちゃったけど、朝とか夕方に書く事もあると思います。コンテンツ迄のシータ更新で絵の内容は少し固いかも知れないけど
気楽なのも書いていくので何時でも見て下さいね。また夜に何か書こうかな。
2/24+書 橋本恭明



暫休中履歴.16
「更新入れますね。あの石膏デッサンの画材は木炭です。トーンも綺麗ですね。
表現は多種多様なので後々はこの様なアカデミックな路線でなくても構わないんですけど後々説明しますね。
また後で何か書こうかな・・・あと習作に木炭画があるのはその方が形にする事が身につき易いというのもあるんだけど・・・
日常では鉛筆なので十分ですね。
画材に関しては日本画の画材以外すべて教えますからね。
2/24書 橋本恭明
遅くなっちゃったもうそろそろ寝よっと・・・また更新します



暫休中履歴.15
「ストロンガー。
小腹空いちゃったな・・・暫くしたら何か書きます
2/23書 橋本恭明
はい寝てないですよお酒飲んじゃったふふふ今日はガンダムかヤッターマンコスプレしよっと
最近アニメしか観ていないな・・・ランプのとこと口頭と・・・どこかで映してくれないかな11までもか・・・何書いてるんだろ・・・
上の写真はストロンガーです電気で変身するんですよあと子供に人気のカブトムシがモチーフですね。観たものに会話入れようか絵の事で聞きたい事があれば言って下さいね何か日記っぽいな
絵はまた今度載せますねシータの方はどんどん書いていくので
首の付け根ってこった感があるよねもう少ししたら走ろうかな・・・
この間作品提出御苦労様でした・・・イラスト系描いても良いですよ
眠くなってきたな・・・寝ますね



暫休中履歴.14
「更新入れますね。今回は以前掲載したのを・・・

デッサンですね。というよりも鉛筆画です。前回話した内容を身につけてからこれですね。
よく直ぐにこの様な表現をしようとする場合があるのですが・・・そして単なる癖っぽい平面画になった事はありませんか?
デッサンとしての方向は先ず始めにスタートから違います。それは現在目にする様な諸処の内容を見たり説明されただけでは出来る様にはなりません。
その後、それを持ってこの様に自由に描けます。つまり物の観方を身につけて初めて表現の根本が備わるんですね。
つまりこれ迄掲載した様な内容を身につけた後に良い意味での小手先の技術を使って自分の作品へと繋げられます。
この位の表現と作家レベルを観た事があるかも知れませんね。でもこうすれば良いという事ではなくそして驚く事でもありません。
現状をまったく弄らないとすれば・・・この力量を多くが身につけ経歴のみの世界を和らげ、
万人が表現しその中で結果的に当然の様に刻まれる当たり前の歴史にとすれば・・・ここに到達する迄もなく。
ただし・・・忘れてはならないのは表現は多種多様であり、それに大切な事が存在します。
2/22書 橋本恭明
何書こうかな・・・ちょっと色々してからね
昨日は暖かかったね。もう少し暖かかくなって花が咲く頃昭和公園でも行ってみようかな・・・その時は花の写真載せるね。
眠くなってきちゃった・・・そうそう去年田舎に帰った時にねかなり前の御先祖様の顔を見せてもらったんだよね・・・絵です。
そういうの見た事あるかな?・・・でもね確りとはそこ迄ではないけど・・・描いてあったんだよね
かなり強烈なものを感じたな・・・あの茶色は何だろう・・・チョーク?かな・・・。
と・・・絵を続けて書いて説明したから肩こっちゃったな・・・首が細いんだよね・・・髪はすぐ伸びるしもう
シータは内容的に必然とこれを含むのでこういう感じが入るかな・・・この間も書いたかな・・・
以前の様な単文気楽な更新の時があるから・・・また更新します
(温→暖: 訂正)



暫休中履歴.13
「更新入れますね。昨日寝ちゃったので・・・いきなり載せるよ。今回はデッサンにしようかな・・・

これは石膏ですね。以前にも載せたデッサンと同様に表現されています。
形はかなり違いますね、正確に測る事は一つ大切です・・・私もつきっきりで大切な事が出来るだけ早く操作出来る様に伝えますし
それもね寸分違わぬデッサンは簡略的内容を理解した後にそれを求める人がそうすれば良い事であって・・・
それも実はね、それが出来れば簡単な事なんですけどね
あともうシータです・・・。当然NHKこれ系番組でも身につきません。ありふれた簡単な事なんですけどね・・・。
何かで風景の描き方か何かを説明していたのを憶えています・・・それでどうなるんでしょうか・・・。
平面に平面から入るなら・・・イラストにしないと嘘になります。描くという根底から意味が把握出来ていない事は承知していますが・・・。
地方などはとくに何も知らず鵜呑みにします・・・ややこしくなる前に端からそれは論外の世界と気付く前に・・・。
この石膏デッサンは形こそ違えど日本で主流の西洋の物の観方で培われた立体つまり面ね、それがある程度使いこなせている事が出ているんですね。
そしてこれ迄知らない人にとっては掛け離れた絵画であったそれ・・・それは当然の事ですが誰にでも身につき表現する事が出来ます。
あとこれは一つの表現ですよ・・・勿論日本のドローイング系つまり漫画イラスト線ですね、それは大衆文化としてもそれで当然です。
ですが大切な事を一つ・・・西洋古典であるこれを身につけそれをそうして初めて成る程とされる妙な壁があります。何れ書きます。
2/21書 橋本恭明
また何か書きますね・・・桃の缶詰美味しい・・・。
何書こうかな・・・寝ようかなまたそのうち更新しますね。



暫休中履歴.12
「更新入れますね。何か書こうかな・・・

2/20書 橋本恭明
眠くなっちゃった・・・もうそろそろ寝ますね。



暫休中履歴.11
「更新入れますね。絵と
・・・何か書こうかな・・・色々見ているので取り敢えず絵を先に載せときます
これは一般的なデッサン路線でそれを身につけてから、その方向で絵画的な絵肌を作っている作品です。
それは日本人に植え付けられた近代西洋名画のそれに酷似している面があるので、素材の載せ方やその全体のテクスチャーに魅了される面があると思います。というより・・・日本ではある程度路線に乗って絵を描き続けるとほぼ共通してこれを良いと認知する面があります。
言葉にすると・・・重ねや際,補色等などという事にもなりますが・・・一つとても重要な事は意識・・・呼吸?です。
画面の絵肌はすべて同じ世界観で作られています。その世界観の中で一つのタッチはそれを成します。ですが・・・
よく際と画面の接し方等などセザンヌにそれを学ぶとありますが・・・日本の作家輩出路線はそこを学び、私もある面それも教えますが・・・
今ここで書ける事は・・・それは一つの知識技術である事。それと下の絵は等価値です。
2/19書 橋本恭明
ビール1本飲んで温まりました・・・また何か書きますね・・・
手は・・・両方で字が書けますよ。何ら問題ないですが右手は説明した通り・・・弱いです。おそらく小学生に腕相撲勝てないです。昔デッサンを右で描いた事もありますが・・・仕上げまでの間腕を上げている状態なので利き腕の方が良いですね。
左は強いですよ感度もいいです。誰でも左右に差はあると思うんですけど・・・左決められたら私はアウトですね。
あとどちらが利き腕でもあまり関係ないです。もう一つ何か書こうかな・・・
ん絵ね・・・つまりね日本はその路線に乗っ取って発展し上手いとされるものが良しとされる土壌なんですね・・・
アメリカから抽象表現が入ってきてからもその路線で身につけた人がそれをしてそうなるんですね。
書いた事はそうではないですという事を加味しているんですね。もう少し書けるかな・・・
はい寝ます・・・またそのうち更新しますね。



暫休中履歴.10
「4日連続更新入れますね。今回も絵を載せようかな
・・・前回の絵の流れに近いものを・・・
立体感を出しつつも少し形を崩してありますね。絵っぽいとか下手上手という言葉・・・こういうものも含まれますね。
近代の巨匠の絵とかでこれなら私にも描けると思った事はありませんか?・・・
でもねよく見て下さい練習で身につけた立体にしようという意識や色の多用、そして言葉で表現するのは難しいですが良い形をしているんですね。これはその典型的な例ともいえます。その幅はありますし上手い中の上手いが良いとは言えません。大切な事です。
2/17書 橋本恭明
何時でも読めるので楽な時に見て下さいね。
今回はシータ更新として連続してこれを綴っていますが・・・次更新から以前の様な単文気楽な更新を書く時があるかも知れません。
暫くしたらまた何か書きますね・・・
眠くなってきちゃったな・・・アニメの事でも書こうかな・・・ガンダムとヤッターマンを観ています・・・この間は続けてコナンも観たかな。
今回のガンダムは良いですね前回の続きで昨日の話にしても見応えがあるね。そうそうアニメのキャラクターの顔とかに影が入れてあるよね、それはその場所の稜線という所に入ります。下の絵を見て下さい胴体や足等に光が当たっている所と影がありますよね、その境い目が稜線と言われる形の境い目です・・・他の事書こうかな・・・手の画像は画面左下にあります・・・そろそろまたそのうち更新しますね。



暫休中履歴.9
「更新入れますね。
何載せようかな・・・昨日生徒が仕上げたのを・・・
デッサンで立体と際を教えて・・・それを色で使った状態ですね。
よく描けていて感性も良いですよ。ここで大切なのはそれらすべて身につくという事ですね。
ぞくに絵心があるという言葉を聞いた事があるかも知れませんが・・・実はそれは身につくものなんですね。
この絵に関してだけいえば・・・明るい所の色数暗い所の色数等がかえられていて・・・
それが身につけた観察力と面の表現によって作り出されて表現されていますね・・・それをそうよびます。絵は上手い下手ではないという表現はこれで表されそれは誰にでも身につきそして各々個性があります。
2/16書 橋本恭明
暫くしたらまた何か書こうかな・・・
あと大切な事を・・・そうなってもコラムに書いてある様な事をしないとそうならないですからね。その辺はシータで進めていきます。
今日はガンダムの日だな・・・あの感じはあの時もチェックされていたな・・・まぁいいかその内書くか・・・
前回強烈だったな・・・酔った勢いで手を載せたな。Topページの隠しにあるので見たい人は見れますよ。
ここを見てくれている人でガンダム好きな人はどの位いるんだろう・・・シータ更新は3回目か他の事も何か書いとこうかな・・・
変かな・・・スキニー履いているせいもあるか・・・小さい頃はよく女の子と遊んでいたからね・・・
そのせいもあって雰囲気があるのかな・・・そう考えればある意味50%って事になるのかな・・・
筆記も稀にそうなっているね・・・男です。これはもう書かない・・・。
UP迄は時折ここへ絵画の事をこれ迄掲載した様な感じで簡略に掲載していきます。
見てくれた方へありがとうまたそのうち更新します。



暫休中履歴.8
「続けて更新入れますね。コンテンツUPはまだですがシータ履歴です。
何書こうかな・・・
First.の時同様にシータにも"このサイトについて"を掲載しますが・・・そうですね・・・
描ける力は必ず身につきます。私自身も指導者に教わった事は当然ですが、社会における指導とはその全員ではなくまして精神で描けるこれは立体面際等構図すべてを教えられてもその通りには身につきません。そしてこれはイラストやイメージ画とは違うものだと思って下さい。
当然例外はありますが社会の中で一般的に指導とはその中で伸びる身につく人だけがそうなる仕組みです。
私も当然数人の指導者に習った訳ですが私はそれを自分自身で違う角度から得たのが結局の所事実です。
人それぞれ異なり人それぞれそれでは身につかないと思って下さい。シータでは所々皆さんが見たりする事と違う切り口で綴られていますが、自分が描けないであろうと考えに立った時本当の描けるというところとその他はある意味それでのみ知る事になるかも知れません。そしてシータは誰にでも分け隔てなくそれを教えます。無論指導とは多々あるものであり他へ差し支えない為にも
私独自の指導の内容という事を記しておきます。と・・・かたいな・・・。
初めて見てくれている方へ・・・仮ΘコンテンツのコラムとFirst.サイトも御覧になって下さいね。
2/15書 橋本恭明
ん何か載せようかな・・・その他略概要系等は次の時にでも書こうかな・・・
ビール飲んで眠くなったな・・・
暫くして寝ますねまたそのうち更新します。



暫休中履歴.7

Comment
「こんにちは。First.を御覧になられていた方も偶然に訪れた方も有り難うございます。3月から5月迄の間にコンテンツUPの予定でいます。現在はΘ画像状態で暫休中ですが、2月中旬になりましたのでそろそろ絵の情報等を綴っていきたいと考えています。」
2/14書 橋本恭明
「コンテンツや教室ページは上記の予定ですが・・・それ迄に時折こんな感じで更新していきます。」
追記
「これ迄に少しだけ観る事を軸にした生徒作品を掲載しています。シータではこれ迄あまり知られてなかった様な内容や大切な事もすべて綴っていくので見て下さいね。」

Comment
「ついでに横も写してもらいました・・・2008年初めての立像・・・。前方に黒板があります。」
2/14書 橋本恭明
追記
「もう・・・かなり髪が伸びています・・・。」
「あとYさんNさん有り難うございました。よく撮れていて嬉しいです。」



暫休中履歴.6
「更新入れますね。
何載せようかな・・・。
この間粗素描を載せたから・・・色ね。
以前載せた様なものが身につけばこの様な世界観の絵でも観念画にならないかな・・・。
勿論意図してその方向の絵も可能だけど・・・。
今日は早めだからもう一枚載せようかな・・・
抽象画も伝えますが・・・端から意味が無いそれが多々ある領域なのでそれの為のそれは説明しますね。
色の軽重,視線の流れ,表現他諸々、すべてはそれより前の伝える内容で話そうかな・・・。
何載せようかな・・・
2/12書 橋本恭明
仮で使ったのでも載せようかな・・・写真写してないな・・・。耳写真の前かな・・・。
画材系の説明は後にしようかな・・・鉛筆等で質素でいいですよ。
そろそろこのページTopに出そうかな。暫くして寝ますねまたそのうち更新します。
と・・・今日は初めて長い時間履歴したので・・・。見てくれた方へありがとう。



暫休中履歴.5
「更新入れますね。
昨日のガンダム00は今迄のガンダムに無い類のシーンだったな・・・
あの子腕も無くなってたな・・・。これ迄のガンダムシーンの中でも昨日のはかなり・・・。
ん何か載せようかな・・・

2/10書 橋本恭明
粗いけどこれかな・・・これを持てば後はうわべしか残らないからね説明は後かな・・・
もう一つ載せるか・・・
追記
あとそのうち指導中に描いて説明したものを載せようかな
デッサンだねスタートから違うからね
そのうちまた更新しますね



暫休中履歴.4

♪テェ~テェレッテェ~テェ~~テェ~テェレッテェ~~~テェ~テェレッテェ~テェ~~テェ~テェレッテェ~~~
続いて載せますね、素描だったから色ね。
同様に描く事のみなら・・・この位で十分ね・・・この様に描けばよいという事だけではありませんよ・・・
現実世界はただ描くという事ではない方法で2Dにして再現する事のみでそう見えるんです
そしてそれは諸処習うという行程では他事の様に身につかないと思って下さいね
あと表現としては癖のあるイラストもありですが私が話しているのは純粋芸術の領域と歴史の方ね
ただ一つにはこの国では改善なる迄は他と違いこれを持つ事・・・そうすれば後は差別しか残らないですから
あと完成したものを載せたけどそういうものでもないからね
2/06書 橋本恭明

今回ここに連続したけどまだUPではないから後々ね・・・今度なに載せようかな・・・
またそのうち更新しますね



暫休中履歴.3

♪テェ~テェレッテェ~テェ~テェレッテェ~テェテェテェテェッ・テェ~テェレッテェ~・・・
「昨日初めて新ヤッターマン観ました。つなぎを裏返して変身・・・
コスプレしようかな・・・赤いマスクにあの帽子か・・・。」
「んFirst.の時の様に動きますよ。ただやる事の続きとして様々異なります。UP迄に・・・
シータなので・・・徐々に色んな事書いていきますね。」
2/05書 橋本恭明
「今ビール飲んでます。何か写真載せようかな・・・。」

今生徒作品画像177位かなUP・・・この位十分ね・・・
ここが飛んでて抵抗感がないとかいくらでもあるものだけど・・・
もともと2Dにする事自体うそをやっている訳だからねこの道以外の人で当たり前の様に同じ様に描けるから
これには多少手を入れているけど理解しているから関係ないかな
キャラクターや今にのっとったものをwebでよく見るけどね本当の意味でこうしないとその事は今後説明しようかな
そろそろそのうちまた更新しますね
としばらくして寝ますね



暫休中履歴.2

「昨日書いた"懐かしい場所の写真"を3枚だけ先に掲載です。」
開かずの踏切が無くなり花のはしという歩道橋に・・・。
この階段・・・。
岡本!、ほんせと先に帰ったと思ったら朝の3時に窓から打ち上げ花火をして・・・。元気しょーるか?。
「後々掲載予定です。」m(_ _)m
2/02書 橋本恭明
72枚撮影
追記
「あの時の私を知っているみんな・・・あの時そのままの空気でした。私はここにいます。
知らない方の為に・・・写真は池袋です。」



暫休中履歴.1

仮シータ終了から約1ヶ月
「今日から2月です。終了から1ヶ月過ぎましたので一区切りとして更新入れます。
まだTopページには記載しませんが暖かくなってきた頃の3月中もしくは仮と同じ5月にUP予定です。
シータは仮に掲示していた掲載項目を基本に、コラムベースでスタート予定です。
シータはFirst.の続きです。このジャンルの事は2つのサイトを御覧になって頂ければお判りかと存じますが、
様々現状ここでのみしか知る事が出来ないのも一つの重要な事実です。
シータをUPしてようやく繋がる歴史も多々あると思います。
これ迄同様にサイトは作品を掲載するだけではなく、今回は後々に指導ページも加わります。
私が指導している此所の教室の内容にどこまで近づけれるかは未だわかりません。
今2月になりました。私のWebサイトは8年目に突入します。
もう少し身体を温めてからスタートします。」
「1ヶ月はあっという間ですね。」
2/01書 橋本恭明
「昨日色々と懐かしい場所の写真を沢山撮ってまわったのでスタート後掲載予定です。」
「もうこんな時間・・・そろそろ寝ます。」



Comment
Θ画像状態で暫休中ですが・・・御無沙汰しております、橋本恭明です。」
m(_ _)m
「今日1月27日、数時間前の写真です。髪を整えて頂いた後に写して頂きました。」
1/28書 橋本恭明
「コンテンツ前なのでひっそりと載せてみました・・・。元気です・・・。見て頂いて有り難うございます。」

Comment
「どちらもピントが合っていませんが・・・かなりリアルな写真だと思います・・・。」
1/28書 橋本恭明
「まだまだ寒いですね・・・。身体に気をつけて・・・。」

追記
「もうFirst.の続編
Θです。コンテンツ迄にまたいつかここへ更新しようと思います。私はここにしかいないので。そして偶然に発見してくれた方へ、ありがとう。
*:・゜\(^−^)
あけましておめでとうございます。2008年だね。」



Log2
3/08~4/12/2008
Log1
1/28~3/07/2008
現在表示
Log3
4/13~6/07/2008
Log4
6/12~6/24/2008
総合更新履歴リンク (since 2001.1.03)
年号
2010 - Θ
2009 - Θ
2008 - Θ
2008 - Θ画面休止
1.28~3.07
2007 - 正式Θ始動
2007 - 仮Θ
2006 - 仮Θ
4.16~4.30
2001~2006 - First.
2001.1.03~2002.4.19
First. → 仮Θ → Θ画面休止中 → Θ



前のページへ